本センターについて // ICBとは

  • HOME »
  • 本センターについて // ICBとは

  NPO国際人材創出支援センターは、国際的なルールメイキング(新しい世界の規範の創造)の意思決定過程に参加し、活躍する人や活躍していきたい人を育成・支援しています。

  異文化コミュニケーションの円滑化といったレベルを越え、また遠い将来の理想だけを掲げるのではなく、具体的方策についてもしっかり議論できる、意欲ある人たちが集まって学び合う「知の磁場」を提供していきます。

活動概要はこちら

  さらに今後の活動構想もいろいろありますので、アイデアと行動力のある方のご参加をお待ちしております。

今後の構想はこちら

<設立趣旨書>

  現在、グローバル化の進展は、産官学のあらゆる分野において、人々が日々現実に直面する問題として実感を伴っており、現に国際会議などの場で自らの主張や見解を表明し、協議・交渉を行なわなければならない機会が急増しています。そこでは語学力をはじめ説得力、交渉力、決断力などの総合力が求められます。また、国際 社会には異なる経済・社会・文化を背景にした人々が同じ土俵に立って議論するための「共通の流儀」があり、国際社会を生き抜くためにはその修得と活用が不可欠になっています。

   しかしながら、そのような「共通の流儀」の活用に基づく国際会議での主張の通し方やプレゼンテーションによる説得方法、あるいは国際交渉に関する専門的技能(ノウハウ)は、特定の個人の長年にわたる経験の蓄積に基づく「職人芸」とされ、国際的な交渉等は当該個人に依存する傾向が各分野でみられます。同時にその「職人芸」を組織的・システム的に次世代へ伝達・教育していく取り組みはほぼ皆無です。つまり、グローバル化時代に求められる人材の育成がまったく欠 如あるいは著しく遅れているのが現状です。

   このような現状を踏まえ、今後、産官学のあらゆる分野における我が国の国際競争力の獲得、国際的な発言力(プレゼンス)の確保、的確な広報活動及び国際貢献等を行っていくためには、グローバル化した時代に国際的に活躍できる人材(自ら国際的ネット ワークの一員となり、その意思決定過程に積極的に関与し、責任を担ってリーダーシップを発揮していくことができる人材)の育成と関連する技能(ノウハウ)の継承が不可欠であり、これに取り組むことが我が国にとって喫緊かつ長期的な課題となっています。

   そのために、私たちは「特定非営利活動法人 国際人材創出支援センター」を設立し、未来社会を担う「人づくり」のため、関連の支援活動を通じて社会に貢献しようとするものです。これらの活動の目標は、グローバル化する国際社会に適応できる人材の創出、国際会議をはじめとする国際的な意思決定への参画を促進するための社会教育の推進、環境や公衆衛生等の全世界的な課題の啓発、諸外国の政治・経済・文化等への理解の促進、及びその他対外的コミュニケーションに係る幅広い助言・援助を通じた健全な 国際貢献への寄与等、広く公益に資するものとします。

【イベント】最新イベント
最新イベント
【伝承】インタビュー
最新イベント
【知の磁場】研究会/勉強会
最新イベント
【コーチング】各種講座
最新イベント
【応援メッセージ】
最新イベント
【ICBメールマガジン購読】
ICBメールマガジン購読
PAGETOP

Copyright © 特定非営利活動法人国際人材創出支援センター All Rights Reserved.