2018年 // ICB講演会の開催実績

  • HOME »
  • 2018年 // ICB講演会の開催実績

第74回ICB講演会 「途上国の現場からのエビデンス:世界をより健康にするために」(7月17日実施)

<講師>
蜂矢 正彦 氏(国立国際医療研究センター)

<講演要旨>
大学を卒業後、病院を中心に臨床小児科医師として13年間働きました。この間実験室でウイルスのDNAを研究したり、小児科医が不在の地区で働く機会がありました。いろいろな経験を通して、患者さんの診断・治療には基礎研究を学ぶこと、社会について知ることが重要だと意識し今に至ります。
その後興味のあった開発途上国で働くことになりました。モンゴルでJICAの予防接種事業に携わった際、偶然にも麻疹(はしか)大流行に遭遇し、「なぜ予防接種をしているのに流行が起こったのか」「どうすれば大流行が防げたのか」、モンゴルの官僚や世界の専門家たちと議論しました。大流行の原因を解明して、2度と起こらないようにしたい、という気持ちで大学院に留学しました。
これまで約20ヵ国で仕事しましたが、開発途上国の現場を歩き回るといつも発見があります。その発見が一部の国や地域だけではなく、途上国に共通する課題であれば、共通する解決法があるかもしれません。途上国のフィールドでエビデンスを積み重ね、より良い政策作りに貢献し、その結果世界の人々がより健康になれば、という思いで活動しています。

<講師略歴>
1989年 東邦大学医学部卒業。東邦大学医療センター大森病院で小児科研修。総合病院、診療所、保健所で予防接種、臨床に従事しつつ、伊豆大島、根室市で小児科無医村を経験。
2002年 モンゴルでJICA予防接種事業に5ヵ月間携わり、公衆衛生の面白さに目覚める。
2003~2005年 ハーバード公衆衛生大学院留学、マサチューセッツ州保健局勤務。
2006年 国立国際医療研究センターに入職、以後アジア、アフリカで公衆衛生事業、研究に従事。

(最近の主な論文)
1. Kitamura T, et al. Assessment of temperatures in the vaccine cold chain in two provinces in Lao PDR: a cross-sectional pilot study. BMC Res Notes 2018: 11; 261ワクチンの輸送中に温度を測定したところ、予想外に高温や低温に曝されていた
2. Hachiya M, et al. Evaluation of nationwide supplementary immunization in Lao PDR: Population-based seroprevalence survey of anti-measles and anti-rubella IgG in children and adults, mathematical modelling and a stability testing of the vaccine. PLoS One. 2018 29: 13; e0194931
麻疹風疹混合ワクチンの効果を調べたところ、麻疹の免疫がついていなかった
3. Komada K, et al. Seroprevalence of chronic hepatitis B, as determined from dried blood spots, among children and their mothers in central Lao PDR: A multistage, stratified cluster sampling survey. Int J Infect Dis 36: 21-26; 2015
B型肝炎の有病率は従来考えられていたより低く、成人で4.1%、小児で2.1%であった

第73回ICB講演会 「これまでのキャリアを振り返って:『見えざる手』と『つかみ取る手』」(6月22日実施)

<講師>
齋藤 潤 氏(国際基督教大学教養学部客員教授)

<講演要旨>
海外経験豊富で、わかりやすい景気判断、経済分析で定評のある斎藤先生から、ご自身がグローバルなエコノミストとして活躍されるようになった足跡を辿りつつ、我が国経済や世界経済の現状についての解説にも触れたお話頂きました。

<講師略歴>
1978年、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了後、経済企画庁に入庁。
英国オックスフォード大学大学院留学の後、国際通貨基金(IMF)エコノミスト、日本経済研究センター主任研究員、内閣府参事官(企画・経済対策担当)、大臣官房審議官(経済財政運営担当)、計量分析室長等を歴任。
2007年から2012年にかけて政策統括官(経済財政分析担当)として月例経済報告、経済財政白書等の取りまとめなど、景気判断・経済分析に従事。
2012年より日本経済研究センター研究顧問、東京大学公共政策大学院非常勤講師、慶應義塾大学大学院商学研究科特任教授等を兼務。
2016年より国際基督教大学教養学部客員教授に就任。

(最近の主な著書・論文)
2013年 『超成熟社会発展の経済学』(共編著)、慶應義塾大学出版会。
2014年 『2035年の経済社会とイノベーション』(共編著)、同上。
2016年 『超高齢・人口減少社会のイノベーション』(共編著)、同上。
2017年  “Japan’s Economy and Policy in a Global Context: Postwar Experience and Prospects for the 21st Century,” in Michael J. Green and Zack Cooper (eds.), Postwar Japan: Growth, Security, and Uncertainty since 1945, Center for Strategic and International Studies (CSIS), Rowan & Littlefield, 2017

第72回ICB講演会 「『国際競争』と『ケア』は両立するのか~日本での生活とグローバルキャリア」(5月22日実施)

<講師>
伊藤 由希子 氏(津田塾大学総合政策学部教授)

<講演要旨>
伊藤由希子氏は、2001年に大学の経済学部を卒業後、米国の博士課程(Ph.D)に直接留学、米・豪の大学研究所や国際機関のインターン経験を経て帰国。現在は津田塾大学総合政策学部教授として、日本の大学に籍を置きながら、研究者として国際競争をこなす道を模索しておられます。また行政改革や経済・財政一体改革といった国の政策に対して、研究者の立場からモニタリングする活動にも邁進されています。

グローバル・キャリアというのは、組織の中の一部の目立つ人だけのものではありません。日本で日常生活を送る大多数の社会人にとっても、海外への発信、海外人材との競争が当たり前の出来事になっていくでしょう。とはいえ、結婚・出産・介護といった身近なライフイベントに直面し、キャリアを模索していても、心身ともに「立ちすくむ=身動きができない」こともまたあるでしょう。

家庭の中で「ケア」をする役割が女性に求められることの多い日本では、女性は特に仕事で「競争」することに対して限界を感じることもあるでしょうし、その逆で、仕事で「競争」を追求するあまり、「ケア」は諦めたくなることもあるでしょう。

大切なのは、その「正解」を出すことではなく、「自分のバックグラウンドやオリジナリティを活かす方策を柔軟に模索し、努力を止めないこと」である、と伊藤氏は振り返ります。

今回のご講演では、20歳の頃から現在までの約20年間の失敗体験・達成経験を振り返りながら語っていただきました。

<講師略歴>
2001  東京大学経済学部卒業
2001   オーストラリア国立大学研究員を経て、米国ブラウン大学博士課程に進学
2003~04 国際通貨基金にてインターン
2001~06 米国ブラウン大学博士課程修了(Ph.D.)
2006   東京経済大学経済学部専任講師
2009   東京学芸大学人文社会科学系准教授
2017  津田塾大学総合政策学部准教授
2018   津田塾大学総合政策学部教授
現在、経済・財政一体改革推進委員会(経済財政諮問会議)の委員や歳出改革ワーキンググループ(行政改革推進会議)の委員も務める。

(論文・著書)
“Rationale and Descriptive Analysis of Specific Health Guidance: the Nationwide Lifestyle Intervention Program Targeting Metabolic Syndrome in Japan” Kazuyo Tsushita, Akiko S Hosler, Katsuyuki Miura, Yukiko Ito, Takashi Fukuda, Akihiko Kitamura, Kozo Tatara, Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Volume 25 (2018) Issue 4 308-322.
「現代経済学の潮流2017」(分担執筆)、井伊雅子・原千秋・松島斉編著、2017年、東洋経済新報社
「国際経済学のフロンティア」(分担執筆)、木村福成・椋寛編著、2016年、東京大学出版会

第71回ICB講演会 「損をしないための国際マナー」(4月25日実施)

<講師>
松平 恒和 氏(NPO法人 国際人材創出支援センター 理事長)

<講演要旨>
海外駐在、留学、国際会議等々、大事なときにちょっと戸惑う外国の習慣やマナー。
・くしゃみと鼻かみ。気を遣うのはどっち?
・ディナーに招かれたら、どう対応する?
・宴席での「お酌」は良い?悪い?
・日本人が苦手といわれる社交はどうすればよい?
ちょっとした知識でも知っていれば、恥をかかないで済み、余計な損を避けられます。

普段なかなか知る機会に恵まれない日本と海外におけるマナーや習慣の違いを、楽しみながら知る機会となりました。

<講師略歴>
東京都出身
1969年 学習院大学卒業、国際電信電話株式会社(現 KDDI)に入社。
ジュネーブ事務所駐在、企画室長、取締役国際部長、KDD総研代表取締役社長、KDDI常務取締役国際本部長等を歴任。
この間、1984年から2000年まで国際電気通信連合(ITU)で研究員会副議長・議長を長く務める。
同社退社後、C2C Pte.Ltd(シンガポール)最高経営責任者(2002-03)、早稲田大学客員教授(2004-11)。
上記の他、NPO法人国際人材創出支援センター理事長、神田外語グループBritish Hills館長、(社)日本英語交流連盟理事、(社)日英協会理事、放送大学非常勤講師、日本デンマーク協会評議員

第70回ICB講演会 「グローバルキャリアの作り方~損害保険会社社員の場合~」(3月29日実施)

<講師>
松下 泰 氏(損害保険事業総合研究所)

<講演要旨>
一般的にグローバルな活躍を目指す方は、大学院の修士号もしくは博士号を取得してから、国際機関や多国籍企業に就職することを目標とされることが多いと考えられます。
松下氏自身は、漠然と国際的な仕事ができればよいと考えて、大学卒業後、損害保険会社に入社しましたが、入社5年目の海外留学をきっかけとして、通年8年間のフランス駐在、4年間のホノルル勤務をする機会を得ました。
また、国内においても一貫して、国際的企業を担当する営業職、または社内のグローバル人材育成担当と、会社生活の大部分を国際的な仕事に従事することとなりました。
今回の講演では、急激に国際化を進める日本の損保の現状を報告するとともに、グローバルな活躍を目指すには、このような選択肢もある、ということをご紹介いただきました。

<講師略歴>
1973年  早稲田大学第一政治経済学部卒
同年   東京海上火災保険㈱(現 東京海上日動火災保険㈱)に入社
1977-78年  INSEAD(フランス)留学、MBA取得
1980-84年 東京海上パリ駐在員
1988-91年 OECD財政金融局に出向
2000-04 年 First Insurance Co. of Hawaii 社(ホノルル)副社長
2010年  東京海上を定年退職し、(公財)損害保険事業総合研究所に入社
2010-17年 日本保険学会事務局長

第69回ICB講演会 河合美宏氏 「欧州での四半世紀を振り返って~民間企業から国際機関のトップまでのキャリアパス~」(1月12日実施)

<講師>
河合 美宏 氏(IAIS事務局長、金融安定理事会(FSB)IAIS代表)

<講演要旨>
国際機関を立ち上げ、経営してみると様々な驚きや考えもしなかった経験をいたしました。27年間の海外での経験を基に、国際機関で働く楽しみと難しさ、日本の組織で働くこととの相違点や類似点等を、具体例をあげてご説明いただきました。
様々な国の異なった考えを持った仲間と、世界に役に立つものを一緒に作っていくことは、かけがえなく楽しく尊い経験であるということを強調しておられました。

<講師略歴>

1983     東京大学卒業
1983~90  東京海上火災保険株式会社
1990~91 INSEAD(フランス)にてMBA取得(経済学および財政学を専攻)
1991~95 OECD(経済協力開発機構)保険委員会担当エコノミスト
1995~98 ポーランド大蔵大臣及び保険監督庁長官顧問
1996~2000シティー大学(イギリス)にて保険博士号を取得
1998~2003 IAIS(*)事務局次長
2003~2017 IAIS事務局長、金融安定理事会(FSB)IAIS代表
(*)IAIS: International Association of Insurance Supervisors  https://www.iaisweb.org/home

【イベント】最新イベント
最新イベント
【伝承】インタビュー
最新イベント
【知の磁場】研究会/勉強会
最新イベント
【コーチング】各種講座
最新イベント
【応援メッセージ】
最新イベント
【ICBメールマガジン購読】
ICBメールマガジン購読
PAGETOP

Copyright © 特定非営利活動法人国際人材創出支援センター All Rights Reserved.