最新イベント

  • HOME »
  • 最新イベント

第88回ICB講演会:「トライアル&エラーで自分の未来を見つけよう!」

10月度講演会には Brighture English Academy 代表の 松井 博 (まつい ひろし) さん にお越し頂きます。

松井さんも多くの講師同様、多彩なキャリアを歩まれて来られました。米国の大学卒業後、日系企業、アップルジャパン勤務を経て、米国アップル本社に移籍。管理職として7年間勤務の後、米国での保育園開業を経て、フィリピンで英語学校設立、といった具合です。

今回の講演ではこれまでのキャリアパスを振り返り、どのような経験から何を学ばれ、そこから若い方へ伝えるべきメッセージは何かについて語って頂きます。特に、ご著書の題名にもなっている 「アップルで学んだこと」 とは何か、アップルを去った後で英語学校を開校することとした真意・狙いは何か、これからの時代をどのように生きるべきか等々、伺ってみたいことは山のようにあると思います。

これからグローバルな場での活躍を目指している方、ご自分のキャリアパスについて悩んでおられる方、自分の英語力を何とかしたいと思っておられる方等々、一度、松井さんのお話を聞きながら考えて見ませんか?奮ってご参加ください。

【講演会の概要】
〈日時〉 2019年10月18日 (金) 19:30~21:30
〈場所〉 東京都千代田区神田錦町3-21
千代田プラットフォームスクウェア(http://yamori.jp/access)
〈参加費〉ICB会員1,000円、非会員2,000円。※学生は無料

【講演概要】
AIをはじめとするテクノロジーの発達により、画一的労働の時代は完全に幕を閉じます。そして、今後は企業のサイズが小さくなり、個人事業主が激増するでしょう。ですから、「みんなと同じ」 では、もう生活が成り立ちません。しかし、だからと言ってどうすれば良いのか、明確なガイダンスはどこにもありません。

日本で普通に生まれ育つと、周りに合わせて行動するとが当たり前の振る舞いとして刷り込まれます。このため、自分の頭で考える訓練がなされないのです。

これからの僕らに必要なのは、自らの手で 「自分ならではの持ち味」 を発見し、それらに磨きをかけることです。それに必要なのは、トライアル&エラーの繰り返しです。そして、自分らしさが発見できたなら、テクノロジーを使ってそれを増幅し、ビジネスへと結びつけていくことです。

この講演会では、テクノロジーの発達が僕らの生活をどのように変えていくのか、そして僕らはその中をどのように泳いでいけば良いのかを解説します。

【講師略歴】
Brighture English Academy 代表。
米国にて大学卒業後、沖電気工業、アップルジャパンを経て、米国アップル本社に移籍。iPodやマッキントッシュなどの品質保証部のシニアマネジャーとして7年間勤務。2009年に同社退職。カリフォルニア州にて保育園を開業。2015年、フィリピン・セブ島にて Brighture English Academy を創設。
著書に 『僕がアップルで学んだこと』 『企業が「帝国化」する』 (アスキー新書)、『日本人のための 一発で通じる英語発音』 (ダイヤモンド社)などがある。
なお、松井さんが取り組み中のお仕事やお考えについては下記サイトをご参照下さい。
https://brighture.jp/
https://twitter.com/matsuhiro
https://note.mu/matsuhiro

【懇親会について】
講演会終了後には懇親会を行います。
近場の飲食店にて講師をお招きし、ざっくばらんな会話を楽しめる時間となっております。
先生と直接議論できる場として皆様にご好評いただいております。
ぜひご参加下さい。
※費用は飲食費代の実費です。
※講師のご都合によっては、講師抜きでの開催となる場合もございます。
※懇親会のみのご参加も歓迎いたします。

【主催】 国際人材創出支援センター(ICB)
ICB講演会お申し込みはこちら


第89回ICB講演会:「国際機関での 『働き方』 はどんなものか?」

11月度講演会には、世界銀行 駐日代表としてご活躍中の宮崎成人(みやざき まさと)さんにお越し頂きます。

世界銀行東京事務所は、世界銀行と日本との間のパートナーシップ強化のために広報・対外関係や日本人採用支援等に重点において活動しています。このようなオフィスのトップにおられる宮崎さんからは、現在のお仕事の内容、すなわち世界銀行の業務や採用方針について聞きたい方もおられると思います。

しかし、そもそも宮崎さんはどのような経緯や経歴を経て、今のお仕事に就かれたのか、そして国際機関での 「働き方」 とは一体どんなものなのか等についてご興味のある方も多いと思います。今回の講演では主としてこの点についてお話頂く予定です。

特に講師が、世界銀行の職に就くまで若い頃から欧州復興開発銀行(EBRD)、BIS、国際通貨基金(IMF)という三つの国際機関に順次勤務された経歴をお持ちで通算17年以上も国際機関で過ごされた大ベテランと聞けばなおさらではないでしょうか。

ICB講演会に参加される方の中には、職場としての国際機関に興味を持たれている方や途上国支援や開発援助に興味を持たれている方も多いと思われます。そのような方々にとって、このようなご経歴の講師のお話を直接伺えるのは絶好のチャンスではないかと思われます。国際機関での活躍はもちろんグローバルな活躍を目指している方々やご自分のキャリアパスについて迷っておられる方にとって有益なヒントが得られる機会となるのではないでしょうか。皆さん奮ってご参加下さい。

【講演会の概要】
〈日時〉 2019年11月11日(月) 19:30~21:30
〈場所〉 東京都千代田区神田錦町3-21
     千代田プラットフォームスクウェア(http://yamori.jp/access)
〈参加費〉ICB会員1,000円、非会員2,000円。※学生は無料

【講演内容】
講師はこれまで、IMF、世銀、EBRD、BISの4つの国際機関で勤務した経験をもつ。そこで、各国際機関の使命や沿革について概観した後、IMFと世銀に焦点を当てて、職員がどのような働き方をしているのか紹介したい。国内で働くのとどう違うのだろうか?例えば、フレックスタイムや休暇のような制度、医療保険のような福利厚生、採用や昇進などの人事考課、上司と部下の関係と仕事の決裁、各種派閥の有無、セクハラやパワハラ対策、幹部研修等、講師の個人的経験に基づく独断と偏見で、国際機関で働く際に何を期待すべきか(或いは期待できないか)について論じていきたい。

【講師略歴】
2017年8月より現職。1984年に大蔵省(当時)に入省以来、国内分野(予算編成、経済分析等)と国際分野(国際通貨制度、債務危機対応等)の双方で経歴を積み重ねる一方、3回の国際機関勤務を経験。1991~1995年、欧州復興開発銀行(EBRD)日本理事室審議役。2000~2003年、金融安定化フォーラム(現在の金融安定理事会)事務局員。2008~2016年、国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局及び戦略・政策・審査局審議役。2016~2017年、財務省副財務官として主に二国間関係を担当。2016年より東京大学客員教授として国際金融の講義を担当。
東京大学法学部卒業(1984年)及びオックスフォード大学国際関係論修士号取得(1988年)。

【懇親会について】
講演会終了後には懇親会を行います。
近場の飲食店にて講師をお招きし、ざっくばらんな会話を楽しめる時間となっております。
先生と直接議論できる場として皆様にご好評いただいております。
ぜひご参加下さい。
※費用は飲食費代の実費です。
※講師のご都合によっては、講師抜きでの開催となる場合もございます。
※懇親会のみのご参加も歓迎いたします。

【主催】 国際人材創出支援センター(ICB)
ICB講演会お申し込みはこちら


【イベント】最新イベント
最新イベント
【伝承】インタビュー
最新イベント
【知の磁場】研究会/勉強会
最新イベント
【コーチング】各種講座
最新イベント
【応援メッセージ】
最新イベント
【ICBメールマガジン購読】
ICBメールマガジン購読
PAGETOP

Copyright © 特定非営利活動法人国際人材創出支援センター All Rights Reserved.