最新イベント

  • HOME »
  • 最新イベント

第68回ICB講演会:「学術国際カンファレンスの運営から学んだこと」

次回講演会には、坂上 学氏にお越し頂きます。

坂上氏は会計学者として研究活動を行う過程において、アメリカとオーストラリアに留学され、またさまざまな国際学会や国際会議に参加してこられました。

坂上氏には学術的な国際会議を2回運営された経験に基づき、その内幕についてお話し頂く予定です。
国際機関やグローバルビジネスに携わる中で、研究機関に属する有識者と関わって会議を運営する経験も出てくるかもしれません。
学術的な国際会議とはいかなるものなのか、本講演には広く国際的なフィールドで活躍しようとする方々に是非ご聴講頂きたい内容です。

<講演会の概要>
【日時】2017年12月20日(水)19:00~20:45
【場所】東京都千代田区神田錦町3-21
千代田プラットフォームスクウェア(http://yamori.jp /access)
【参加費】ICB会員1000円、ICB非会員2000円。 ※学生は無料

<講演要旨>
これまで過去2回、学術的な国際会議であるAPIRA(アジア太平洋学際的会計研究カンファレンス)の準備委員会のメンバーとして、国際会議の運営に携わる経験を持つ機会を得ました。2回の国際会議の運営の経験を経た正直な感想は、まさに驚きの連続であったということです。同時に、さまざまな側面の自分のスキルを高めてくれ、かけがえのない友人と出会える機会を得て、現在の人生を豊かなものとしてくれました。

国際的な活動をおこなう際には、もちろん英語など語学力を磨くことが重要であることは言うまでもありません。しかしながら、語学以上に重要なのは、誠実に対応する気持ち、自分のバックグラウンドをしっかり持つこと、そして語学以外何か一芸に秀でることだと思っています。

講演では、実際の国際会議を運営する上で、あらかじめ知っていれば良かった点や、日本人が看過しがちではあるが配慮すべき点、そして取り越し苦労だったと感じた点など、なるべく具体例を示しながら紹介していきたいと思います。

<略歴>
法政大学経営学部教授。博士(経営学)。専門分野は、財務会計、会計情報システム、電子開示システム。
1989年3月早稲田大学社会科学部卒業。
1991年3月早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。
1994年3月早稲田大学大学院商学研究科博士課程中退。
大阪市立大学より2017年9月、博士(経営学)の学位を授与される。
1994年4月より大阪市立大学商学部助手として着任。
その後、講師、助教授、大阪市立大学大学院経営学研究科准教授等を経て、2009年より現職。

Accounting, Auditing and Accountability Journal誌のAdvisory Boardメンバー、日本会計研究学会評議員、日本ディスクロージャー研究学会副会長、日本経営分析学会常任理事、日本社会関連会計学会理事、日本中小企業会計学会理事、日本簿記学会理事、日本証券アナリスト協会試験委員。

主な著書に、
『事象アプローチによる会計ディスクロージャーの拡張』(中央経済社2016年)
“The Impact of XBRL Adoption on the Information Environment: Evidence from Japan,” The Japanese Accounting Review, Vol. 4 (January 2015), pp. 49-74. (with Bai Zhenyang and Fumiko Takeda)
『新版 会計人のためのXBRL入門』(同文舘2011年)
“Value Relevance of Profit Available for Dividend,” (with Shin’ya Okuda, and Atsushi Shiiba) Asia-Pacific Journal of Accounting & Economics, Vol. 17, 2010, pp. 41-56
『財務情報の利用可能性と簿記・会計の理論』(新田忠誓氏との共編著、森山書店2008年)
などがある。

<懇親会について>
講演会終了後には懇親会を行います。
近場の飲食店にて講師をお招きし、ざっくばらんな会話を楽しめる時間となっておりますので、ぜひご参加下さい。
※費用は飲食費代の実費です。
※講師のご都合によっては、講師抜きでの開催となる場合もございます。

【主催】 国際人材創出支援センター(ICB)
ICB講演会お申し込みはこちら

※facebookページができました。  是非フォローお願いいたします!
https://www.facebook.com/ICBJAPAN


第69回ICB講演会:「欧州での四半世紀を振り返って~民間企業から国際機関のトップまでのキャリアパス~」

次回講演会には 河合美宏氏にお越し頂きます。

河合美宏氏は、1998年に若干38歳にして保険事業の国際的な監督基準をつくる機関である保険監督者国際機構(IAIS、在バーゼル)の事務局次長に就任されました。
その後、2003年には事務局長に昇格され、今年11月に退任されるまで約15年間にわたり、140カ国以上が加盟するこの重要な国際機関のトップとして活躍されました。
公務員でなく、30歳まで日本で育ち、教育を受け、働いていた一民間人が、国際機関のトップに就任されたのは、我が国ではきわめて異例のことです。
今回のご講演では、27年ぶりに帰国された河合氏に、国際機関への就職を目指した理由、国際機関における成功体験・失敗体験、組織のトップに上り詰めるまでのご苦労とトップとしての視座など、欧州での四半世紀を振り返っていただきます。
今後、海外での活躍をめざす若手の皆様への貴重なエールとなると思います。
ふるってご参加ください。

<講演会の概要>
【日時】2018年1月12日(金) 19:00~20:45
【場所】東京都千代田区神田錦町3-21
千代田プラットフォームスクウェア(http://yamori.jp/access)
【参加費】ICB会員1000円、非会員2000円。※学生は無料

<講演要旨>
国際機関を立ち上げ、経営してみると様々な驚きや考えもしなかった経験をいたしました。27年間の海外での経験を基に、国際機関で働く楽しみと難しさ、日本の組織で働くこととの相違点や類似点等を、具体例をあげてご説明します。
様々な国の異なった考えを持った仲間と、世界に役に立つものを一緒に作っていくことは、かけがえなく楽しく尊い経験であるということを、特にお伝えしたいと思います。

<略歴>
1983  東京大学卒業
1983~90 東京海上火災保険株式会社
1990~91 INSEAD(フランス)にてMBA取得(経済学および財政学を専攻)
1991~95 OECD(経済協力開発機構)保険委員会担当エコノミスト
1995~98 ポーランド大蔵大臣及び保険監督庁長官顧問
1996~2000シティー大学(イギリス)にて保険博士号を取得
1998~2003 IAIS(*)事務局次長
2003~2017 IAIS事務局長、金融安定理事会(FSB)IAIS代表
(*)IAIS: International Association of Insurance Supervisors https://www.iaisweb.org/home

主要著書・論文
”The globalisation of insurance: A supervisory response” co-authored with Peter Windsor,(Journal of Risk Management in Financial Institutions Volume 6 Number 2, United Kingdom 2003)
“IAIS and Recent Developments in Insurance Regulation (The Geneva Papers on Risk and Insurance Volume 30, Switzerland 2005)
「国際金融規制改革の進展と保険」『損害保険研究』第79巻第3号,損害保険事業総合研究所(2017)

【懇親会について】
講演会終了後には懇親会を行います。
近場の飲食店にて講師をお招きし、ざっくばらんな会話を楽しめる時間となっておりますので、ぜひご参加下さい。
※費用は飲食費代の実費です。
※講師のご都合によっては、講師抜きでの開催となる場合もございます。

【主催】 国際人材創出支援センター(ICB)

ICB講演会お申し込みはこちら

※facebookページができました。  是非フォローお願いいたします!
https://www.facebook.com/ICBJAPAN


【イベント】最新イベント
最新イベント
【伝承】インタビュー
最新イベント
【知の磁場】研究会/勉強会
最新イベント
【コーチング】各種講座
最新イベント
【応援メッセージ】
最新イベント
【ICBメールマガジン購読】
ICBメールマガジン購読
PAGETOP

Copyright © 特定非営利活動法人国際人材創出支援センター All Rights Reserved.