最新イベント

  • HOME »
  • 最新イベント

第89回ICB講演会:「国際機関での 『働き方』 はどんなものか?」

11月度講演会には、世界銀行 駐日代表としてご活躍中の宮崎成人(みやざき まさと)さんにお越し頂きます。

世界銀行東京事務所は、世界銀行と日本との間のパートナーシップ強化のために広報・対外関係や日本人採用支援等に重点において活動しています。このようなオフィスのトップにおられる宮崎さんからは、現在のお仕事の内容、すなわち世界銀行の業務や採用方針について聞きたい方もおられると思います。

しかし、そもそも宮崎さんはどのような経緯や経歴を経て、今のお仕事に就かれたのか、そして国際機関での 「働き方」 とは一体どんなものなのか等についてご興味のある方も多いと思います。今回の講演では主としてこの点についてお話頂く予定です。

特に講師が、世界銀行の職に就くまで若い頃から欧州復興開発銀行(EBRD)、BIS、国際通貨基金(IMF)という三つの国際機関に順次勤務された経歴をお持ちで通算17年以上も国際機関で過ごされた大ベテランと聞けばなおさらではないでしょうか。

ICB講演会に参加される方の中には、職場としての国際機関に興味を持たれている方や途上国支援や開発援助に興味を持たれている方も多いと思われます。そのような方々にとって、このようなご経歴の講師のお話を直接伺えるのは絶好のチャンスではないかと思われます。国際機関での活躍はもちろんグローバルな活躍を目指している方々やご自分のキャリアパスについて迷っておられる方にとって有益なヒントが得られる機会となるのではないでしょうか。皆さん奮ってご参加下さい。

【講演会の概要】
〈日時〉 2019年11月11日(月) 19:30~21:30
〈場所〉 東京都千代田区神田錦町3-21
     千代田プラットフォームスクウェア(http://yamori.jp/access)
〈参加費〉ICB会員1,000円、非会員2,000円。※学生は無料

【講演内容】
講師はこれまで、IMF、世銀、EBRD、BISの4つの国際機関で勤務した経験をもつ。そこで、各国際機関の使命や沿革について概観した後、IMFと世銀に焦点を当てて、職員がどのような働き方をしているのか紹介したい。国内で働くのとどう違うのだろうか?例えば、フレックスタイムや休暇のような制度、医療保険のような福利厚生、採用や昇進などの人事考課、上司と部下の関係と仕事の決裁、各種派閥の有無、セクハラやパワハラ対策、幹部研修等、講師の個人的経験に基づく独断と偏見で、国際機関で働く際に何を期待すべきか(或いは期待できないか)について論じていきたい。

【講師略歴】
2017年8月より現職。1984年に大蔵省(当時)に入省以来、国内分野(予算編成、経済分析等)と国際分野(国際通貨制度、債務危機対応等)の双方で経歴を積み重ねる一方、3回の国際機関勤務を経験。1991~1995年、欧州復興開発銀行(EBRD)日本理事室審議役。2000~2003年、金融安定化フォーラム(現在の金融安定理事会)事務局員。2008~2016年、国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局及び戦略・政策・審査局審議役。2016~2017年、財務省副財務官として主に二国間関係を担当。2016年より東京大学客員教授として国際金融の講義を担当。
東京大学法学部卒業(1984年)及びオックスフォード大学国際関係論修士号取得(1988年)。

【懇親会について】
講演会終了後には懇親会を行います。
近場の飲食店にて講師をお招きし、ざっくばらんな会話を楽しめる時間となっております。
先生と直接議論できる場として皆様にご好評いただいております。
ぜひご参加下さい。
※費用は飲食費代の実費です。
※講師のご都合によっては、講師抜きでの開催となる場合もございます。
※懇親会のみのご参加も歓迎いたします。

【主催】 国際人材創出支援センター(ICB)
ICB講演会お申し込みはこちら


第90回ICB講演会:36歳でベトナムの会社社長になったMBAホルダーとそのバックパッカー人生

12月度講演会には、自動車部品メーカーに勤務されている金澤 東彦フランソワ(かなざわ はるひこ)さんにお越しいただきます。
金澤さんは、日本人の父、フランス人の母のもと、日本で生まれ、11歳で初めてフランス語で教育を受けました。その後、フランスでいくつもの修士号、学士号を取られる一方で、日仏の自動車部品メーカーにおいて、ご専門である生産管理の仕事をされてきました。 
3年前のベトナム勤務では、36歳の若さで現法の社長を任せられ、わずか1年半で同社の生産性を大幅に向上されるというすばらしい業績を挙げられています。
プライベートでは、バックパッカーを生きがいとされています。
「ハーフ」というお立場からは、日仏の企業はどのように見えるのでしょうか。
グローバルな活躍をめざす学生・社会人のみなさんの積極的なご参加をお待ちします。
是非奮ってご参加ください。

【講演会の概要】
〈日時〉 2019年12月3日(火) 19:30~21:30
〈場所〉 東京都千代田区神田錦町3-21
     千代田プラットフォームスクウェア(http://yamori.jp/access)
〈参加費〉ICB会員1,000円、非会員2,000円。※学生は無料

【講演概要】
「昭和の時代にハーフとして育つ」、「小学生からの海外留学生活」、「若くしてどのようにして外国語を話せるようになったか」、「研究者と外交官を夢見て会社員になった背景」、「外資系から日系企業への転職」、「海外支社で現地社員の心を掴む方法」、「製造業海外拠点での日本式経営の展開」、「30代からの遅咲きバックパッカー経験」。
これが、昭和の時代では珍しかった国際結婚の家族に生まれ、人生の約半分を海外で過ごし、日本に帰ってくるまでの私の半生です。
私は、モスクワ留学中に知り合った日本人の父とフランス人の母の間に生まれました。両親の会話は全てロシア語、という環境で育ちましたが、11歳で初めてフランスに留学するまで.外国語は一切話せませんでした。留学から帰国後、中学は東京のフランス系インターナショナルスクール、高校~大学はフランス。大学院時代に研究に没頭し、研究者としての人生を意識するも、国際協力に憧れ外交官への道も模索し、結局両方とも断念しました.
そのままフランスで会社員として就職し、後に日本へ転勤。31歳でMBA留学し、フランス・アメリカ・ベトナムで駐在員生活。現在は日本で暮らし、まとまった時間があれば世界を放浪し、世界中すべての国を訪問することを目標としています。

【講師略歴】
金澤 東彦フランソワ
1980年、東京都生まれ。父は日本人、母はフランス人の日本育ち。
主にバックパッカーとして世界116カ国訪問。

学歴
1999年9月 仏ロベスピエール高校生物学部予科入学
2001年7月 同高校卒業
2001年9月 仏国立グランゼコール木材工学大学大学院、仏国立ロレーヌ大学大学院木材科学部同時入学
2004年7月 両大学大学院で修士課程修了(工学修士号、材料科学修士号)
2012年7月 仏INSEADビジネススクールMBA取得
2015年9月 パリ第11大学経済学部(遠隔教育)卒業(応用経済学学士号)

職歴
2004年8月 仏 ヴァレオ ライティングシステム事業部 入社 
・生産技術プロジェクトリーダー、欧州・中国・ブラジルでの生産設備立ち上げ
2008年6月 仏 ハッチンソン 伝動事業部 入社 
・技術営業マネージャー、アジア・パシフィック担当
2009年10月 同社 東京事務所転勤
2012年10月 曙ブレーキ工業株式会社 入社
2013年5月  同社 フランス支社に転勤
2015年5月  同社 米国ケンタッキー州グラスゴー工場に転勤
2017年1月  同社 ベトナム支社長兼工場長就任
2018年8月 株式会社ミスミ 入社
・金型企業体社長補佐

その他
2011年4月 アレバ・ジャパン 専任通訳
東日本大震災後の福島第一原子力発電所内 廃液浄化装置設置用資料の翻訳および
東京電力本店、福島第一・第二原子力発電所にて廃液浄化装置設置時の通訳を担当。

【懇親会について】
講演会終了後には懇親会を行います。
近場の飲食店にて講師をお招きし、ざっくばらんな会話を楽しめる時間となっております。
先生と直接議論できる場として皆様にご好評いただいております。
ぜひご参加下さい。
※費用は飲食費代の実費です。
※講師のご都合によっては、講師抜きでの開催となる場合もございます。
※懇親会のみのご参加も歓迎いたします。

【主催】 国際人材創出支援センター(ICB)
ICB講演会お申し込みはこちら


【イベント】最新イベント
最新イベント
【伝承】インタビュー
最新イベント
【知の磁場】研究会/勉強会
最新イベント
【コーチング】各種講座
最新イベント
【応援メッセージ】
最新イベント
【ICBメールマガジン購読】
ICBメールマガジン購読
PAGETOP

Copyright © 特定非営利活動法人国際人材創出支援センター All Rights Reserved.