ICBの活動の紹介 // 全体イメージ

  • HOME »
  • ICBの活動の紹介 // 全体イメージ

NPO国際人材創出支援センターは国際的な場で活躍していく人、いきたい人の育成・支援を目指し、意欲ある人たちが集まって学び合う「知の磁場」を提供しています。

NPO法人 国際人材創出支援センター(ICB)について

当センター(International Capacity building, ICB)は、国際的な場で活躍していく人、いきたい人を育成し、支援することを目的に、2010年11月東京都の認可を受けて設立いたしました。掲げているミッションは「誇りと自信に満ちたグローバルに活躍する人材を育むこと」です。

グローバル化した時代に国際的に活躍する人材とはどんな人か。私たちは、単に「そこにある環境や制度」の下で受け身的にものごとに「対応」するだけではなく、健全な価値観や歴史観にもとづくぶれない視座をもち、自ら国際的ネットワークの一員となってその意思決定過程に積極的に関与し、責任を担ってリーダーシップを発揮していくことができる人材、自立したプロフェッショナルだと考えています。

そうした人材は、どうしたら育つのでしょうか。私たちはその質問に対する「正解」を持っているわけではありません。教育課程から見直すべきという意見もあります。しょせんOJT(on the job training)でないと身につかないという意見もあります。しかし、いま、ここで、私たち一人一人にできることはないのか。国内外を見渡せば、国や企業・団体を代表して国際交渉の場面を数多く経験し、長期間に亘り活躍された方々がいらっしゃいます。そうした方々の貴重な経験やノウハウを活かし、これらを世代間で共有して頂くための仕組みも役に立つのではないか。あるいは同じ志をもつ者が集まって「知の磁場」を作ることで、お互いのやけどしそうな向上心をスパークさせ、切磋琢磨することも大事ではないか。

当センターでは、まずは自分たちでできることとして、豊富な経験と実績をもつ有識者や国際的プロフェッショナルとして活躍されている方々をお招きする講演会をほぼ毎月開催しています。

また、本年からは「模擬X(エックス)」(「X」には国連総会、開発会議、環境会議等をはじめとする政府間の会議、あるいはビジネス交渉の場を含めたいろいろな国際的な会議が入ります。)の活動を新たに加えていく予定です。
その内容には2本柱があります。1つは、「X」の内容をきちんと勉強し知識を増やし、考察の視座を深めることも目的とするもの。もう1つは、「模擬」的な部分に焦点をあて、国際会議での発言、説得、交渉などの技能をロールプレイングを通じて学ぶことです。それぞれ独立した柱としてとらえることもできますが、テーマ毎に、前者の柱に重点をおきつつ後者のロールプレイング面も学ぶ複合的なプログラムを実施することも考えています。

さらに、こうした「国際会議」にとらわれず、主にビジネスの分野で国際交渉の現場に立ってきた実務家(商社、メーカーなど)の講演シリーズも実施し、その中からグローバルに活躍する人材に共通する要素を体系的に学んでいただくことも考えています。

これらの活動に加え、現在準備中なのが「グローバル人材」能力の「見える化」プロジェクトです。グローバルに活躍する人材としては、どのような能力をどの程度有していることが必要か、その定性的なマネージメント能力の範疇化と指標化を行い、その成果をセミナープロジェクトのプログラム(シラバス)に反映し、人材能力開発の具体的なロードマップやロールモデルとしての指標を提供することを目指すのがこのプロジェクトです。これはまだ準備段階であり、実際にプログラムを提供開始できるのは今年後半以降になる予定です。

世界への想像力を鍛え、地球の片隅の出来事に共感する。このNPOでの活動を個人の成長に還元し、個人の活動を社会に昇華させる。そんなプロセスの中で、みなさん自身の個性を磨いてみませんか。
ICBの活動への参加はセミナーや講演会への参加者という形もあれば、NPOで行う活動自体に主体的に取り組むという形もあります。ご興味があれば、ぜひ以下の連絡先にアクセスしてみてください(国内外遠隔地からのオンライン参加も可能です)。(2012年4月)

【イベント】最新イベント
最新イベント
【伝承】インタビュー
最新イベント
【知の磁場】研究会/勉強会
最新イベント
【コーチング】各種講座
最新イベント
【応援メッセージ】
最新イベント
【ICBメールマガジン購読】
ICBメールマガジン購読
PAGETOP

Copyright © 特定非営利活動法人国際人材創出支援センター All Rights Reserved.