第101回ICB講演会:奥田敦子氏「国連機関におけるデジタル技術に対する取り組み~私の経験から~」

ICB 講演会:奥田 敦子 先生

 6月のICB講演会は、国際通信連合(ITU)アジア太平洋事務所所長(在バンコク)の奥田敦子氏を講師にお迎えして、ZOOMによるオンライン講演会として実施いたします。

 コロナ禍で各国の貧困率が増加し、環境汚染の問題も深刻化しています。これらへの対応のために、また、2030年に「持続可能な開発目標」を達成するためにも、デジタル技術への期待が高まっています。そのため、さまざまな国連機関によるデジタル技術政策やイニシアティブへの支援が行われています。

 奥田さんは、20年以上にわたって、国連においてデジタル技術の普及と開発のための技術協力に携わってこられました。奥田さんは、1997年に国連開発計画(UNDP)開発政策局(ニューヨーク)に就職されたのを皮切りに、ブータン、エチオピア、タイ、レバノンの各地で、デジタル政策やイニシアティブの実施展開を担われました。

 2015年に国連アジア太平洋経済社会委員会(タイ)に転勤されてからは、アジア太平洋62ヵ国をブロードバンド網で繋ぐ「インフォーメーション・スーパーハイウェイ」の展開を担当され、現在は、ITUにおいて、幅広い分野で加盟国の支援を行っておられます。

 今回のご講演では、ご自身のこれまでのキャリアデベロップメントについてお話しいただいた上で、国際機関での勤務を目指す方のために、働くにあたっての心構えやキャリアパスについての考え方についてもお話しいただきます。

 本講演は、将来、グローバルな場での活躍を目指している方々にとって大変有益なものとなると思われます。

 皆様の積極的なご参加をお待ちいたします。

<講演会の概要>
〈日時〉   2021年6月23日(水) 19:30~21:00
〈配信方法〉 Zoomによるオンライン配信
  ※インターネットの接続環境とPC、タブレット、スマートフォン等の端末が必要です。
〈参加費〉  無料
〈申込期限〉 2021年6月20日(日) 21:00

<講演会要旨>
1、国連機関におけるデジタル技術と経済社会開発への取り組み
2、アフリカ、中東、アジア太平洋でのデジタル技術や政策支援
3、国連で働くということ

<講師略歴>
1997 国連開発機関(UNDP)開発政策局(ニューヨーク)入局
2000 同ブータン事務所
2002 国連アフリカ経済開発委員会(エチオピア)
2006 国連アジア太平洋経済社会委員会(タイ)
2010 国連事務局管理部ERPプロジェクト(ニューヨーク)に参加
2012 国連西アジア経済社会委員会(レバノン)
2015 国連アジア太平洋経済社会委員会(タイ)
2020 ITUアジア太平洋事務所(タイ)に着任

<学歴>
1992   京都大学文学部卒業
1995 ヘルシンキ大学修士課程卒
2021 国連大学マーストリヒト経済社会技術研究所 博士課程修了

<著書>
Digital Transformation for a Sustainable Bhutan (2020)
The UNDESA E-government Survey 2018 (Chapter 3)
Okuda & Ofa (2018) :Artificial intelligence and broadband development through the Asia-Pacific Information Superhighway

<主催>
国際人材創出支援センター(ICB)

ICB講演会お申し込みはこちら
※開催前日までに開催URL等のご案内を行いますので、確実に受信可能なメールアドレスをお知らせ下さい。
※お申し込みの際、メールアドレスのご記載の誤りが多くなっております。ご注意ください。
※お使いのブラウザによっては申し込みフォームがうまく表示されない場合があるようです。 その場合にはお手数ですが、info(at)npoicb.orgまで、お申し込みの講演会、お名前、メールアドレスをお知らせください。
((at)は@に変換してください。)

 

ICBメールマガジンを
購読しませんか

セミナー情報のほか、
さまざまな役立つ情報をご提供します。

ICBのfacebook
facebook