ENCOURAGEMENT
EMPOWERMENT
ENRICHMENT

世界で活躍する人に勇気と
力と豊かな教養を届けます

”グローバル”での活躍を
目指す方を支援する団体です

情報通信技術の進展と活用により、政治、経済、産業、社会等々あらゆる分野におけるグローバル化が進んできました。文字通り世界は小さくなったのです。

特定非営利活動法人(NPO)国際人材創出支援センター(Centre for International Capacity Building)は世界を舞台に活躍しようとする皆さんの背中を押すために2010年に設立されました。運営に当たる役員、スタッフはすべてボランティアです。

世界で活躍する先人の
経験やノウハウをシェアします

産・官・学の様々な分野で国際的なキャリアを積んできた方々の得難い経験とノウハウを、皆さんが継承し活用できるようシェアします。ICBはそのための場を提供します。講演会や研修会、懇親会などを通じて、新たな発見と人脈の構築をお手伝いします。

グローバルな志を持つ皆さんの参加をお待ちしております!

最新イベント

参加者募集中のイベントです

第114回ICB講演会: パヴェウ・ミレウスキー氏    特別企画「変化する時代における日本・ポーランド関係」 (Polish and Japanese relations in changing times)
2022/12/14

ICB 講演会:パウエル・ミレウスキー 先生

次回ICB講演会は、12月14日(水)に在日ポーランド特命全権大使のパヴェウ・ミレウスキー氏にご登壇頂きます。

【講演会の概要】
(日時)   2022年12月14日(水)19:30~21:00
(配信方法) Zoomによるオンライン配信
※インターネットの接続環境とPC、タブレット、スマートフォン等の端末が必要です。
(使用言語) 英語
(参加費)   無料
(申込期限) 2022年12月11日(日)21:00

【講演内容】
ICBではこれまでも国際教養シリーズとして、様々な国に駐在された日本大使(米国、モロッコ、カナダ、スウェーデン、ポルトガル、パラグアイなど)に講演をお願いしてきましたが、今年最後の講演会には初めての試みとして現役の駐日大使に登場していただきます。
ポーランドのミレウスキ大使からご提案いただいたご講演の骨子は次のとおりです。
「日本とポーランドは古くから友好的な関係を保ってきました。日ポ間の協力の歴史として忘れてならないのは、日本が第一次世界大戦中にシベリアからポーランドの孤児たちを避難させたこと、そして第二次大戦の最中東欧からユダヤ人避難民を救うための協力といったことが挙げられます。
今日、ウクライナにおける戦争は、ヨーロッパにおける安全環境を著しく変化させただけでなく、世界全体における不安のリスクを増大させています。
こうした状況の下で日本とポーランドは法に基づく世界秩序を保つために協力していかなければなりません。」
(Our nations have long traditions of friendly relations and over the years many times our countries helped each other – whether it meant evacuating Polish orphans from Siberia after World War 1, as Japan did, or cooperating on saving Jewish refugees from Eastern Europe during World War 2. Today the war in Ukraine has significantly changed the security environment in Europe, while also increasing the risk of instability worldwide.
It has created the need for more cooperation between Poland and Japan to preserve the rule- based order.)
ウクライナに対するロシアの侵攻が始まった今年の2月以降、隣国ポーランドは一時500万人ものウクライナ人避難民(主に婦女子)を受け入れました。
21世紀の今日このような事態が突如出現するとは驚きでしたが、大使にはこうした状況についてもお話を伺いたいと思います。
なお、時間の有効活用のため、今回の講演は英語で行われます。
ご質問は日本語でも構いません。
現職の駐日大使にご講演いただくというたいへん貴重な機会ですので、奮ってご参加下さい。

【講師略歴】
Diplomatic Experience
Since 1999 member of foreign service
2003-2009 Second, First Secretary, Counsellor, Embassy of Poland in Beijing
2013-2017 Ambassador of Poland to Australia and Papua New Guinea
2017-2019 Director, Asia-Pacific Department, Ministry of Foreign Affaires
Since 2019 Ambassador of Poland to Japan

Education
1994-1999 Adam Mickiewicz University in Poznań, Faculty of China Studies (MA)
1996-1997 Beijing Capital Normal University
1997-1998 Xiamen University
2002-2003 Warsaw School of Economics, International Economic Relations (PG Dip)


【主催】

国際人材創出支援センター(ICB)

第114回 ICB講演会お申し込みはこちら
※開催前日までに開催URL等のご案内を行いますので、確実に受信可能なメールアドレスをお知らせ下さい。
※お申し込みの際、メールアドレスのご記載の誤りが多くなっております。ご注意ください。
※お使いのブラウザによっては申し込みフォームがうまく表示されない場合があるようです。 その場合にはお手数ですが、secretariat(at)npoicb.orgまで、お申し込みの講演会、お名前、メールアドレスをお知らせください。
((at)は@に変換してください。)

 

お知らせ

談話室・コラム・インタビュー

談話室

談話室アイキャッチ

談話室 Vol.2
「グローバルな現代に、国際機関で働くという選択肢」松本 冴未 様

松本冴未さんは、今年5月に、国連専門機関の国際電気通信連合(ITU)アジア地域事務所に赴任されました。 松本さんは、昨年、ICBが実施した「国際会議人材育成講座」を受講いただいています。これから国際機関への就職をめざす方 […続きを読む]

談話室アイキャッチ

談話室 Vol.1
「道なき道を開拓していくエネルギーを持て」西村 訓仁 様

こんにちは。ICB事務局です。コロナウイルスの影響もようやく落ち着くやと思いきや、新たな変異株が猛威を振るいそうな気配も出てきた今日この頃ですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。今回はICBの柏木理事からのご紹介で、外資 […続きを読む]

コラム

特定非営利活動法人国際人材創出支援センター(ICB)

ICBコラムVol.6:「パーテーション」はやめてくれ!(理事長:松平恒和)

こんにちは。ICB事務局です。57年ぶりに東京で開催されたオリンピック、日本人選手の活躍が光る大会となりましたね。ICBコラムVol6今回は松平理事長がこのコロナ禍、またオリンピックで盛んに目にしたカタカナ英語について考 […続きを読む]

国際人材創出支援センター

ICBコラムVol.5:国際機関での「コーヒー」の重要性(理事:柏木茂雄)

こんにちは。ICB事務局です。新型コロナウイルスのワクチン接種は進むなど、悪いニュースもありつつも状況が好転しそうな兆しも見えてきた今日この頃ではございますがみなさまいかがお過ごしでしょうか。ICBコラムVol5今回は国 […続きを読む]

東京海上ホールディングス 永野会長お写真

国際人材創出支援センター(ICB)創設10周年を祝って

国際人材創出支援センター(ICB)の創設10周年を心からお祝いします。 ポストコロナの時代を迎え、より良い社会創りに向けて企業、学校、個人、そして社会全体もそれぞれの”Purpose”を設定して行動していくことが求められ […続きを読む]

国際人材創出支援センター

ICBコラムVol.4:デジタル・ワークを快適に(東京女子大学教員:安部由紀子氏)

こんにちは、ICB事務局です。 記録にも記憶にも残る暑さがだんだんと収まり、吹く風が秋を感じさせる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ICBコラムVol.4 2018年10月19日の第77回講演会で講師を務 […続きを読む]

国際人材創出支援センター

ICBコラムVol.3:議長としてオンライン国際会議を初めて経験する(監事:津川清一)

こんにちは。ICB事務局です。 大型連休真っ只中でございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 新型コロナウイルスの影響で例年とは全く違う連休をお過ごしの方も多いかと思います。   ICBコラムVol.3 今回 […続きを読む]

国際人材創出支援センター

ICBコラムVol.2:100年前からのメッセージ(理事:柏木茂雄)

こんにちは。ICB事務局です。 昨日、国連通貨基金(IMF)が最新の「世界経済見通し」(World Economic Outlook Database:WEO)を発表しました。 その内容について、IMFチーフエコノミスト […続きを読む]

インタビュー

【インタビュー】合田圭介氏「世界を創る、次世代グローバル・リーダーの育成を目指して」

「世界を創る、次世代グローバル・リーダーの育成を目指して」 合田圭介(ごうだけいすけ)東京大学教授 今回は、東京大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の双方で研究と教育活動を行われており、世界経済フォーラム( […続きを読む]

【インタビュー】今井章子さん「フロンティア開拓への挑戦-be niceなお節介と輝きあるpassionをともに-」

「フロンティア開拓への挑戦」-be niceなお節介と輝きあるpassionをともに- 今井章子(いまいあきこ)さん 【略歴】 公益財団法人・東京財団研究員兼広報渉外担当ディレクター 英文編集者を経て、フルブライトプログ […続きを読む]

【インタビュー】高見香織さん「まずコミュニケーション。そして情熱。」

「まずコミュニケーション。そして情熱。」 高見香織(たかみかおり)さん 【略歴】   9歳まで米国で暮らす。9歳のときいったん日本に帰国。1年間日本の公立小学校に通う。その後、イギリスでの教育課程を経 […続きを読む]

【伝承】インタビュー「“協調”できる強靭な国際人を作る」

最前線で活躍する実像を捉え、模倣し、修得して越える 政官財学の各分野の最前線で活躍する方にインタビューするプロジェクトです。 このプロジェクトの特徴は、プロジェクトの対象として30代~50代の最前線で活躍している実務家が […続きを読む]

【伝承】インタビュー木原 隆司氏 「“協調”できる強靭な国際人を作る」 ④

「“協調”できる強靭な国際人を作る」 ④ 木原 隆司(きはら たかし)獨協大学経済学部教授 木原先生は、1980年に大蔵省(現財務省)に入省されて以来、さまざまなグローバル交渉を担当されてきました。その他、外務省、米州開 […続きを読む]

【伝承】インタビュー 木原 隆司氏「“協調”できる強靭な国際人を作る」 ③

「“協調”できる強靭な国際人を作る」 ③ 木原 隆司(きはら たかし)獨協大学経済学部教授 木原先生は、1980年に大蔵省(現財務省)に入省されて以来、さまざまなグローバル交渉を担当されてきました。その他、外務省、米州開 […続きを読む]

アーカイブ

リンク

リンク

ICBメールマガジンを 購読しませんか

セミナー情報のほか、 さまざまな役立つ情報をご提供します。

ICBのfacebook

facebook

PAGE TOP
MENU