第67回ICB講演会:「日本人からグローバル人への道」

次回ICB講演会には長年に亘って情報通信技術の国際標準化にたずさわってこられた岡村治男氏を講師にお迎えします。
岡村氏はNTTの研究所や内外のメーカーで長く最先端の光通信技術の開発に携わり、関係の国際会議、学会で活躍されました。
この間ご自身が経験した厳しいグローバル環境の中で我々日本人が果たすべきこと、日本人だからこそ出来ることを自覚され、若手世代の啓蒙に力を注がれています。

岡村講師の強いメッセージを受け取ってください。

講演会の概要

<【日時】2017年11月1日(水)19:00~20:45
【場所】東京都千代田区神田淡路町2-10-6
「ホテルマイステイズお茶の水」3階会議室
(JR 御茶ノ水駅、秋葉原駅、地下鉄 淡路町駅、小川町駅から徒歩5分)
電話: 03-5289-3939
Website: https://www.mystays.com/ja/hotel/tokyo/hotel-mystays-ochanomizu

*いつもの千代田プラットフォームスクエアと異なりますので、ご注意ください。

【参加費】ICB会員1000円、ICB非会員2000円。 ※学生は無料

講演要旨

グローバル化の波に流されて、危険なジャングルに丸腰で迷いこんだ感がある昨今の日本人ですが、一方でおもてなしの日本人、親切な日本人、
海外のホテルで一番人気の日本人、世界一高信頼・高品質な製品を作る日本人でもあります。
私は宇宙船地球号の平和・維持にとって誠に貴重な智恵とノウハウを持っているのも我々日本人だと思います。
その根源はどこにあるか。我々には、外敵との戦いに翻弄され、断絶を繰り返してきた大陸の文明が紡ぎだすことのできなかった共生のノウハウがあります。
すべては繋がっているという感覚、競争の戒め、富の追求への懐疑なども日本の特徴だと思います。
講演ではグローバル世界の現状を理解し、日本と日本人が共有する価値観について考えます。
日本人としての誇りをもってグローバル世界で真に活躍できる人材となるきっかけを掴んで戴ければと思います。

 <略歴>
NTT伝送研究所、NEC海底事業部、コーニングDirectorをへて
現在、(株)グローバルプラン代表取締役。IECSC86C(光ファイバシステム)国際議長。
早稲田大学理工学術院客員教授、(独)産業技術総合研究所・客員研究員、 Corning Inc.(USA)シニアアドバイザー、
ジョイオブワーク推進協会・副理事、 情報通信審議会専門委員。国際会議参加は200回を超える。
工学博士、MBA。
2012年から厳しい地形にも安く設置できる光ケーブルソリューションを提案し、ITU勧告L.1700, L.110草案のeditorとなり2016-2017年に出版に漕ぎ着けた。
2017年、ネパール政府がOkamura Modelとしてエベレスト山域への導入を発表。 

懇親会について

講演会終了後には懇親会を行います。
近場の飲食店にて講師をお招きし、ざっくばらんな会話を楽しめる時間となっておりますので、ぜひご参加下さい。
※費用は飲食費代の実費です。
※講師のご都合によっては、講師抜きでの開催となる場合もございます。

主催

国際人材創出支援センター(ICB)

 

ICBメールマガジンを
購読しませんか

セミナー情報のほか、
さまざまな役立つ情報をご提供します。

ICBのfacebook
facebook