柏木理事が『米国経済は日本化するか?』と題するシンポジウムに寄稿しました。

ICBの柏木理事は、米国のThe International Economy誌が企画した『米国経済は日本化するか?』と題するシンポジウムに紙上参加し、同誌の2021年秋季号に掲載されました。同理事は、日本人の多くが現状維持を好むのに対して、米国経済は柔軟で常に革新的なので「日本化」しないだろうと主張しています。米国人識者の中には米国も日本同様長期的に低迷するのではないか懸念する者もおり、他の識者の主張と合わせて是非ご覧ください。
記事についてはこちらをご覧ください。

The International Economy誌については下記をご覧ください。
http://www.international-economy.com/

ICBメールマガジンを
購読しませんか

セミナー情報のほか、
さまざまな役立つ情報をご提供します。

ICBのfacebook
facebook